fc2ブログ

稲川淳二 / 怪談ライヴ2023

昨日(8/26)は稲川淳二さんの怪談ライヴ
「MYSTERY NIGHT TOUR 2023
稲川淳二の怪談ナイト」
へ行ってきました。

ij2023mnt230826-01.jpg

今年は大阪の森ノ宮ピロティホールの公演を取りました。

怪談ツアーが1番盛り上がると言われている大阪公演です。大阪4日連続公演の中の1つ。私は大阪公演を選択する年が多いのですが、近年は他の公演に行くこともあったので、実は4年ぶりの大阪公演。森ノ宮に来るのも久しぶり。

ij2023mnt230826-02.jpg

森ノ宮ピロティホールの場合、ツアートラックは正面に停まります。トラックも見ておきたいので、分かりやすくて良い。

会場正面にはカレーの宣伝のぼり。

ij2023mnt230826-03.jpg

今年のツアーグッズの中に「稲川淳二の身の毛もよだつカレー」というカレーがあることは当ブログでもお伝えしたことがありましたが、イチオシの品みたいな扱いになっています。私は前もって通販で買って食べていましたが、再び購入。美味しいからね。

このカレーを食べた時の当ブログ記事は、こちら。

去年まではコロナ禍の為、入場するときに連絡先などを書いて提出、ということを行っていましたが、状況も変化して今年は普通に入場。退場は去年まで規制退場でしたが、それも今年はなし。

ij2023mnt230826-05.jpg

コロナ禍でステージセットがない年もありましたが、去年から大掛かりなセットが復活。今年のセットは、かつて誰もが夏に行ったことがあるような景色がリアルに再現されています。

さて、内容。

途中で何度も笑いを取りながら恐い話を語っていく稲川さんの話術は、やはり最高です。新作怪談は今年も良い感じ。「いいの? こんな話を出しても。」と思うような話も。

ij2023mnt230826-04.jpg

心霊写真を紹介するコーナーは、ドキッとする写真も多いけれど、ここでもしっかりと稲川さんは笑いを取ります。

そして、大阪ということもあり、盛り上がりも大きい。やはり怪談ツアーのクライマックスが大阪なんだろうと思います。

ij2023mnt230826-06.jpg

今年もコワ楽しい時間をありがとうございました。お体にお気をつけて。来年も期待しております。

稲川淳二さんのカレー

「稲川淳二の身の毛もよだつカレー」
を食った。

「このうまさ、この世のものとは思えない」
(商品パッケージに記載された文章より)


ijc230814-01.jpg


「稲川淳二の身の毛もよだつカレー」
は、稲川淳二さんの今年の怪談ライヴ・ツアーのグッズなんですが、ツアーのオンラインショップでも購入できます。

公演当日の物販コーナーでも公演前なら売り切れなく購入できると思いますが、前もってオンラインショップで購入して食べてみることに。


ijc230814-02.jpg


ちなみにパッケージの箱の縦の長さはDVDケースとほぼ同じなので、中を取り出すときに箱が痛まないように気をつけて、食べた後は稲川さんのライヴDVDと並べて置く、ということをする人もいそうな気がする。

カレーが入った袋を熱湯に入れて温めるという、レトルトでよくあるパターンの作り方です。ブラックキーマカレーで、味は辛口。


ijc230814-03.jpg


カレーにちょうど良い皿が無かったので、ドンブリに入れて食いました。なので、実際に盛りつけた写真は省略させていただきます。

この世のものとは思えない、と本当に思うかどうかは分かりませんが、美味いねぇ!

ライヴも期待しております。


MYSTERY NIGHT TOUR
ONLINE SHOP
https://mnt-online.shop


稲川淳二 / 心を癒す怪談集 III

稲川淳二さんの怪談CD
心を癒す怪談集の第三弾が発売されています。

MYSTERY NIGHT TOUR Selection24
「天人菊」〜心を癒す怪談集 III〜

mnt24cd230712-0001.jpg


稲川淳二さんの怪談CDは毎年発売されているのですが、今年発売のSelection24は、心を癒す怪談集の第三弾なので買っておくことに。

もちろん心を癒す怪談集の第一弾と第二弾も買っていました。恐い怪談も人気が高いですが、感動する怪談も人気が高いようです。私も大好き。

今回の「心を癒す怪談集III」に入っているのは

1 霧 笛(2021)
2 追 憶(2018)
3 紫のワンピース(2003)
4 分 身(2020)
5 五月のゆりかご(2009)
6 天人菊(2019)
7 Theme song 天人菊(歌:樋口 舞)

()の中の数字はライヴツアーに登場した年。最後に「天人菊」をテーマにした曲が入っています。

ライヴ会場でお聴きした時、感動で目がウルウルしましたが、CDで聴いてもウルウルしてしまいます。恐い怪談も名作だけれど、感動する怪談も名作だねぇ。

稲川淳二 ライヴDVD 2022

稲川淳二さんの最新ライヴDVD
「MYSTERY NIGHT TOUR 2022 稲川淳二の怪談ナイト ライブ盤」
を観ました。
去年(2022)のライヴを収録した映像です。

この年は、怪談ツアー30周年でした。

mntdvd230622-001.jpg

この時期に前年の怪談ツアーを収録した映像を販売するのは、毎年の恒例ですね。

コロナ禍になってからはステージセットが簡単なものになっていましたが、この年は建築と呼べるようなセットが復活。DVDの冒頭でセットを組み上げるシーンが少しですが収録されています。

mntdvd230622-002.jpg

ライヴDVDで好きなシーンは、オープニングとエンディングのお客さんの温かい拍手。収録は私が訪れた会場とは違う場所ですが、ライヴの凄さを思い出すのは、やはりオープニングとエンディングの拍手。もちろん演目となる怪談を語るシーンも。

語られる怪談は、毎年凄いのですが、この年は怪談ツアー30周年に相応しい内容。

まもなく今年のライヴ・ツアーも始まります。今年も期待しております。

悪霊退散マスクケース

先週、稲川淳二さんの怪談ライヴに行ってきたときに買ってきたグッズが、これ。(下の写真)

arts221007-1.jpg

悪霊退散のお守りの形がプリントされたマスクケース。マスク以外の収納に使っても良いと思う。

特に意識しないでオレンジ色を選んだけれど、オレンジ色は2022年のNEWカラーらしい。他には赤と紺。

arts221007-2.jpg

上の写真。開くと、マスクを入れるところは左。右はティッシュを入れるスペース。

下の写真は、ライヴの会場にて。グッズの見本を並べたコーナー。

arts221007-3.jpg

やっぱ、こういうコーナーがあると、お祭りっぽくて良いですな。

11月30日まである今年のライヴ・ツアーが、このあとも無事に開催されることを願っております。来年のライヴも期待しております。

稲川淳二 / 怪談ライヴ2022

10/1は、稲川淳二さんの怪談ライヴ
「 MYSTERY NIGHT TOUR 2022 稲川淳二の怪談ナイト 」
に行ってきました。

mnt2022n221001-01.jpg

今年は怪談ライヴ・ツアー30周年です。私は20周年の年から訪れるようになったので、今回が11回目の怪談ライヴ体験です。

今年は奈良県の「なら100年会館 大ホール」で公演を観てきました。この会場へは初めて来たのですが、下の写真の建物が、なら100年会館。

mnt2022n221001-02.jpg

8月の大阪公演のチケットを持っていたのですが、その公演が中止になり、あらためてチケットを取ったのが、この奈良公演。
ちょっと、あせった。

(大阪は11月に追加公演があることが決まりましたが、そちらは行けそうにないので。)

建物の裏に行ってみると。
ありました。ツアー・トラックが。
(下の写真)

mnt2022n221001-03.jpg

開場時刻の前、ツアーのスタッフと会場のスタッフが、稲川さんをプリントしたシートと「せんとくん」を並べて設置するかどうかを話し合っていて、結果が下の写真。早めに会場に着くと、スタッフの準備などを見れるときもあり興味深い時間をすごせます。

mnt2022n221001-04.jpg

コロナ禍になってから恒例となった、チケットの半券に氏名と電話番号を書いて提出するルールは、今回も適用。

チケットを切ってホールへ続く入場口と物販のコーナーは、別のスペース。チケットを切って入るスペースへ進むと、出るまで物販のコーナーには行けれない。この会場の特有のルールなのか? 今年からのルールなのか? どちらなのかは不明。

mnt2022n221001-05.jpg

例年は早めにチケットをとるので、前のほうの席になるのですが、上記したように今回は8月にチケットをとりなおしたので、前後の中間より後ろと思える席。ま、こんなこともあるさ。でも、ラッキーなことに左右のほぼ中央の席だった。

さて、内容は、もちろん怪談。怪談話と怪談話の間に笑いをとりながら進行。この恐さと笑いのバランスが心地いい。

コロナ禍になる前は、ステージ上に昭和やそれ以前を思わせるリアルな建物などを作っていましたが、準備時点の密を避ける為か、2020年のツアーからは、ステージセットは少し物を置く程度になっていました。でも今回は、一昔前の建物らしきものがステージ上に復活。これは予想していなかった。

mnt2022n221001-07.jpg

公演終盤の心霊写真を紹介するコーナーも笑いをまじえながら恐くて楽しい時間。心霊写真を映すスクリーンが降りてくるときに少しカクつく動きをしましたが、霊現象でしょうか? 今回はシーナ&ザ ・ロケットの鮎川誠さんを写した不思議な2枚の写真も登場。

しかし、年々と変化する霊が写った、あの写真の紹介が今年は無かった。近年は、霊の顔の向きが変わらなくなって、だんだんと霊が薄くなってきていたので、ついに霊が写真から消えた(成仏された)のであろうか? 気になる。

mnt2022n221001-06.jpg

今回も楽しい時間をいただきました。ありがとうございます。稲川さん、いつまでもお元気で。来年のツアーも期待しております。

怪談ライヴ大阪4days

今週は本来なら
稲川淳二さんの怪談ライヴ4日連続の大阪公演がある予定で、その中の1公演に行く予定でしたが、稲川さんがコロナ陽性となった為、ライヴ開催が中止。

ライヴ・ツアーの中でも1番盛り上がる大阪会場に久しぶりに行けるので、楽しみにしていましたが、そんなこともあるさ。

稲川さんは発熱もなく、特に症状も出ていないということなので、とりあえず安心。復帰までの間は、十分にご静養ください。

大阪の4日間の公演は中止となり、新たに11月に大阪で追加公演が決まりました。
(本来の4日間に対し、新たな公演は2日間しか確保できなかったので、延期ではなく中止の扱いになりました。)

追加の大阪公演の日程は、予定を空けることができるかどうか分からないので、私は他の会場のチケットを急遽、取りました。

ミック・ジャガーがコロナ陽性になった後のローリング・ストーンズでの復帰ライヴでは、ミックは元気一杯で登場したそうです。稲川さんも必ずや元気に復帰されると信じております。

稲川淳二のすご~く恐い話 事故物件

稲川淳二さんの新刊、
「真説 稲川淳二のすご~く恐い話 事故物件」
が先週、発売されましたねぇ。

sijskh220718.jpg

稲川淳二のすご~く恐い話シリーズは2年ぶり。今年は稲川さんのライヴ・ツアーが30周年なので、そのことが本のオビにも書かれています。

去年のライヴ・ツアーで登場した新作も載っています。

ところで
幽霊ってハイテクが好きだよね。稲川さんの話でも、かつては電話をかけてくる霊の話があったりしました。そのうち、電子メールを送ってくる霊の話が登場してきて、最近はオンラインのリモートミーティングですよ。

この本のシリーズ前作には、リモートで会話をしているパソコンの映像に霊が登場。そして今作には、リモートで会話をしているスマホの映像に霊が登場する話が載っています。テクノロジーが進んでも霊からは逃げられないということか。

稲川淳二 ライヴDVD 2021

稲川淳二さんの最新ライヴDVD
「MYSTERY NIGHT TOUR 2021 稲川淳二の怪談ナイト ライブ盤」
を観ました。
去年(2021)のライヴを収録した映像です。

live2021-220620-01.jpg

この時期に前年のライヴを収録した映像を販売するのは、毎年の恒例。もうすぐ夏本番ということさ。

去年の様子を思い出しながら鑑賞。収録された怪談は、私が行った公演日とほぼ同じでした。

戦後まもない頃の怪談が2本あり、その2本の話の間に自身の幼少期の思い出話が出てくるのですが、この部分も1本としてカウントされています。他の方のライヴで、このような部分を1本とカウントすると怒られるような気もするのですが、稲川さんの場合はこういう部分も大切です。

そして、巻末となる最後の怪談は感動する話。

今回のDVDも心霊写真紹介のコーナーが省いてありますが、ここも実は重要。恐くて大爆笑の心霊写真のコーナーも多くの方に体験してほしい。

live2021-220620-02.jpg

今年も来月からライヴ・ツアーが始まります。去年や一昨年と比べたらライヴ開催が危うくなることは低いと思いますが、今年も無事に開催されてほしいですね。

稲川怪談 昭和・平成・令和 長編集

稲川淳二さんの
「稲川怪談 昭和・平成・令和 長編集」
が発売されましたねぇ。

ik220427-01.jpg

去年(2021)発売された、
「稲川怪談 昭和・平成傑作選」は
短めの作品40話でしたが、
今回は長編20話が載っています。

下の写真
左が去年発売された、
「稲川怪談 昭和・平成傑作選」
右が先日発売された、
「稲川怪談 昭和・平成・令和 長編集」

ik220427-02.jpg

この2冊を持っておくと、稲川怪談の中でも有名な話が、かなり揃いますよ。

プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR