fc2ブログ

転石・ライヴ 2024年2月11日

2月11日は、
京都・西院のライヴハウス、和音堂で
ローリング・ストーンズのカヴァーバンド、
「 転石 」さんのライヴでした。

和音堂が西院へ引っ越しされて随分たちますが、引っ越し後に私が訪れるのは今回が初めて。

wodtsl240211-01.jpg


この日の和音堂の出演は、転石さんとマダムメキシコさん。マダムメキシコさんは、転石さんとの付き合いが長いバンドで、オリジナル曲を演奏されます。転石さんもマダムメキシコさんも凄い盛り上がりました。

下の写真は転石さんのステージ。
今回は4人での演奏でしたが、堂々とした熱いステージ。

wodtsl240211-02.jpg

wodtsl240211-03.jpg


転石さんは、もちろんストーンズ・ナンバーの演奏です。今回は有名な曲が多かったですが、ニューアルバム「Hackney Diamonds」からは「Whole Wide World」を演奏。「Whole Wide World」は、私もお気に入りの曲なんですが、転石さんの演奏バージョンも良いですねぇ。

この2バンドさんのライヴの後で、ストーンズ・セッションがあり、私もスティール・ギターを持ち込んで、参加させていただきました。

今回のライヴも楽しい時間をいただきました。ありがとうございます。

新曲のライヴバージョン/ THE ROLLING STONES

ザ・ローリング・ストーンズの「ハックニー・ダイアモンズ」にライヴ盤CDが追加された「2CDライヴ・エディション」の発売が始まりましたねぇ。


hd2cdle231216-01.jpg


新曲を含む公式ライヴ音源が早くも発売されて嬉しい限りです。しかも、ドラムがスティーヴ・ジョーダンになってからの公式ライヴ音源発売も今回が初めて。

ブックレットには通常盤に載っている写真に加えライヴ演奏中の写真も掲載。


hd2cdle231216-02.jpg


上の写真の左が今回のライヴ・エディション盤。右が通常盤。

ライヴは短いステージだったので、全曲収録でも7曲でトータル35分くらい。レコード時代は1つのアルバムが40分くらいだったので、アルバム作品としては、この程度が聴きやすい。


hd2cdle231216-03.jpg


来年のライヴ・ツアーに向けてのコンディションを知る上でも貴重な音源ですが、良い感じに思える。これを聴くことで、ニュー・アルバム「ハックニー・ダイアモンズ」も、より楽しめます。

HACKNEY DIAMONDS 2CD LIVE EDITION

ザ・ローリング・ストーンズの「ハックニー・ダイアモンズ」にライヴCDが追加される限定盤が出ますねぇ。

ハックニー・ダイアモンズ
[2CDライヴ・エディション]
12月15日発売

CD1は、ハックニー・ダイアモンズ。CD2がライヴ音源で、10月19日のシークレット・ライヴを収録。ライヴは全7曲でハックニー・ダイアモンズからは4曲。

ハックニー・ダイアモンズでレディー・ガガが参加した楽曲「Sweet Sounds Of Heaven」は、このライヴでもレディー・ガガが参加して、その曲のみ公式でYouTubeに以前から上がっています。





この映像、昨晩のベストヒットUSAでも放送されましたね。

このライヴの公式音源が欲しい人(私も)は、すでに「ハックニー・ダイアモンズ」を持っていると思われるので、CD1はダブってしましますが、やっぱり最新のライヴ音源は嬉しい。

THE ROLLING STONES / HACKNEY DIAMONDS 発売

ザ・ローリング・ストーンズのニューアルバム
「 ハックニー・ダイアモンズ 」
がついに発売されましたねぇ。

rshd231020.jpg

rshd231020-02.jpg


昨日(10/20)届いた。

しばらくはヘヴィローテになると思います。

THE ROLLING STONES / HACKNEY DIAMONDS

ザ・ローリング・ストーンズのニューアルバム発売が発表されましたねぇ!

アルバム「ハックニー・ダイアモンズ」
10月20日 発売

CDシングル「アングリー」
10月13日 発売

下は新曲「アングリー」のビデオクリップ




発表会のストリーミングは日本語字幕が無かったので、意味は分からなかったけれど、ストーンズの3人の様子が生中継で見れたのは嬉しい。会場に笑いが多かったのが印象に残った。
( チャットには「笑点かよ」という書き込みもあったので笑った。日本語の書き込みも多かったね。)

ドラムがスティーヴ・ジョーダンになった新生ストーンズの音をついに楽しむことができます。(スティーヴ・ジョーダン参加のライヴ音源はYouTubeに多くが上がっていますが、やはりスタジオ新曲が待ち遠しかった。)

事前情報では、チャーリーの音を入れた曲も入るらしいということになっているので、それは正座して聞きます。

18年ぶりのオリジナル・アルバムですが、その18年の間に新曲発表や派手な活動や話題も多かったので、新アルバム発売が無くても派手な存在であり続けているので、それで良い。という気持ちもあったのですが、やはり発売となると嬉しいですな。

さて来月が楽しみですね。

転石・ライヴ 2023年1月21日

1月21日は、
京都祇園のSILVER WINGSで
ローリング・ストーンズのカヴァーバンド、
「 転石 」さんのライヴでした。

この日のSILVER WINGSの
転石さん以外の出演は、
・ E*Band
・ the mellowz
・ ジョイカム2
そして転石さんが最後の出演。

tssw230121-0001.jpg

上の写真は転石さんのステージ。

今回の出演バンドは、基本的には洋楽のカヴァーが中心のバンドです。the mellowzさんはニール・ヤングのカヴァー。

数日前にデヴィッド・クロスビーがお亡くなりになったこともあり、E*Bandさんはデヴィッド・クロスビーの曲も演奏。そして、the mellowzさんはCSN&Yの曲も演奏。

ストーンズ・ナンバーの演奏が目的の出演バンドは転石さんだけですが、ジョイカム2さんはストーンズのオリジナル・ナンバーである「Dead Flowers」も演奏されました。そしてE*Bandさんはストーンズもカヴァーしたことがある「Going To A Go Go」も演奏。

転石さんは、もちろんストーンズ・ナンバー。「Shattered」「Love Is Strong」「Can't You Hear Me Knocking」などなど。

ストーンズは最近「Brown Sugar」をライヴで演奏しないんだけれど、この日の転石さんは演奏したのさ。

tssw230121-0002.jpg

4バンドとも盛り上がって楽しかったですねぇ。またライヴがあれば、ぜひ行きたい。今後も期待しております。

THE ROLLING STONES ACOUSTICS

アコースティック・ギター・マガジン
の最新号(2022年12月号)は、
ローリング・ストーンズの特集ですな。

アコースティック・ギターで振り返るザ・ローリング・ストーンズの60年史。

agmrs221030-01.jpg

上の写真の左が本誌。右は付録で、コード譜が載った冊子。

ストーンズは激しい曲でもアコースティック・ギターが使われていたりする。他のロック・バンド以上にアコースティックの存在は重要。

なので、アコギに着目したストーンズの特集って大いに意味ありますね。


ところで
アコースティック・ギター・マガジンって、初めて購入したけれど、広告のページにナショナルのギターが載っていたりするんですな。すげぇな。
(下の写真)

agmrs221030-02.jpg

などなど、エレキギターの雑誌との違いが気になったりする。

Guitar magazine Archives Vol.4

Guitar magazine Archives Vol.4
ザ・ローリング・ストーンズ
(ギターマガジン総集編)
が、発売されていますねぇ。

gmatrs220913.jpg

Guitar magazine Archivesとは、雑誌ギターマガジンの歴史の中から特定のテーマの特集や記事をアーカイブして再編集を加えた総集版。

その総集版のVol.4に選ばれたテーマが、
ザ・ローリング・ストーンズ。

過去のギターマガジンでローリング・ストーンズが特集された号を貴重な資料として自宅に保管している方も多いと思います。

でもね。
私が所有していた分は、
どっかいった。

なので
総集版として、まとめた本が出るのは、
ありがたいのさ。

SIXTY TOUR 終了

ザ ・ローリング・ストーンズの欧州ライヴ・ツアー
「 SIXTY 」
は、いろいろな話題を振りまきながら8月3日で終了。

この後は、同じツアー・タイトルで北米あたりのツアーをやるんだろうか?
(アメリカは去年もツアーがあったけれど、60周年記念となるSIXTY TOURとしては、まだライヴを行っていないし。)

日本は ?

ニュー・アルバムは ?

今後の活動も期待できます。


THE ROLLING STONES / THE GREATEST FIREWORKS

7月6日は予定どおり
東京競馬場で
ローリングストーンズ60周年記念の花火大会
が行われたようです。

ネットに動画がいろいろ上がっていますが、とりあえず下の動画をここに貼り付けておきます。




花火に合わせて流れた曲のセットリストは、
Start Me Up
Brown Sugar
Tumbling Dice
Fool To Cry
Factory Girl
Wild Horses
Crazy Mama
She Was Hot
Star Star
Out of Control
Streets of Love
Sympathy For The Devil
Satisfaction

1曲目の「Start Me Up」の前に「Continental Drift」が流れていたようです。音源はライブ音源が使われた曲も多かったみたい。

なんか良いセットリストだな。これと同じプレイリストを作っておくのも良いかもね。

コンサートではないけれど、Tシャツなどの物販もあったようなので、イベントとしては面白かったのかな? 東京に住んでいたら行ったかもね。

プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR