fc2ブログ

KYOTOGRAPHIE 2024(その2)

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2024」
を訪れる2回目。

昨日(4/20)は嵐山の美術館へ行ってきたことを当ブログに書きましたが、嵐山を去った後でKYOTOGRAPHIEの会場をいくつか回ってきました。

まずは
二条城 二の丸御殿で開催中の
「ティエリー・アルドゥアン 種子は語る」

kg2-240421-1.jpg

世界各地の植物の種子の写真を撮影してきたというティエリー・アルドゥアンの写真展。

小さい種子を写した写真を巨大パネルで観せてくれます。
(下の写真)

kg2-240421-2.jpg

種子の写真と解説をスコープのようなもので覗いて観るというコーナーも。

種子を電球のようなものに入れて、それをいくつも天井からブラ下げて、星空のように見せるというインスタレーションもありました。


次に
京都新聞ビル地下1階(印刷工場跡)で開催中の
「ヴィヴィアン・サッセン PHOSPHOR 発光体:アート&ファッション1990-2023」

アーティスト、ヴィヴィアン・サッセンの日本初となる大規模個展。
(こちらは単館で入れるチケットはありません。入場するには、各会場に入れるチケットを持っていることが前提です。ただし、ここに入れる無料チケットなるものが限定でオンライン配布されているようです。)

写真、映像、ペインティング、コラージュなど多彩な作品を展示しているので良い刺激があります。

kg2-240421-3.jpg

上は写真作品の1つですね。
そして下はコラージュ作品の1つ。

kg2-240421-4.jpg

上記した地下1階の上のフロア(地上1階)は、「ディオール・ヤング・フォトグラファー&ビジュアル・アーツ・アワード」という国際コンペテイションの中から10名の若手アーティストを紹介する展示室になっています。

そのフロアから地下1階の会場を見下ろすことが出来るのですが、それが下の写真。なんか凄い光景ですね。

kg2-240421-5.jpg

もちろん、その10名の若手アーティストの作品も見応えあり。


次に
京都芸術センターで開催中の
「ジェームス・モリソン 子どもたちの眠る場所」

世界中の子供たちの寝室を撮影してきたジェームス・モリソンの写真展。部屋の写真と、その住人となる子供の写真を並べて展示。
(下の写真)

kg2-240421-6.jpg

日本のサッカー少年の部屋も紹介されています。それぞれの部屋は地域や文化、そして貧富の差や社会情勢によって大きく違います。

なんと、ここにはカメラオブスキュラが設置されていました。カメラオブスキュラとはカメラの原理の元になったもので、小さな穴に光が差し込むと景色が逆さまに写し出される仕組みを利用した装置。ヨハネス・フェルメールが絵画制作に利用していたとも言われているアレです。
(下の写真)

kg2-240421-7.jpg

このカメラオブスキュラの中に入って、写し出される景色を見ることができます。


今回も刺激的で個性的な展示が多かったです。他の会場にも足を運んだら、また記載します。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2024
は、5月12日まで。

君があまりにも綺麗すぎて / 福田コレクションの美人画

嵐山の美術館、福田美術館と嵯峨嵐山文華館の共同開催の美術展
「 君があまりにも綺麗すぎて
〜福田コレクションの美人画〜 」
へ行ってきました。

kfcb240420-1.jpg

福田美術館の美人画コレクションを展示する美術展です。

まずは
福田美術館へ。

kfcb240420-6.jpg

第1会場は嵯峨嵐山文華館ですが、開館の時刻に福田美術館のカフェで早めの昼食をとりたかったので、先に第2会場の福田美術館へ。

第2会場の福田美術館は近代を代表する美人画家の特集。

上村松園と鏑木清方の近代美人画2大レジェンドを特集するコーナーに始まり、北野恒富、島成園、伊藤小坡、梶原緋佐子などなど。

鏑木清方の初公開作品「夜の梅」が、妖しいような魅力で特に印象に残った。

山川秀峰の「振袖物語」(前期のみ展示)は、前回の展示の後で修復に入ることが発表されていたので、今回は綺麗に直した直後と思われます。池田蕉園の「もの詣で/春の日」(前期のみ展示)は前回の展示の時、穴が数箇所に出来ていたが、それが無くなっていたので、こちらも修復したと思われます。

妖艶な美人画として2点の甲斐荘楠音と1点の岡本神草も展示されますが、この2人の作家は、これまで福田美術館では紹介されてきませんでした。そのため興味津々。

kfcb240420-2.jpg

上の写真の作品は甲斐荘楠音の「舞之図(汐汲みを描く)」。顔は、ほぼ丸ですが、コミカルな仕上がりではなく、女性の持つ妖しさも感じられる作品かな。

岡本神草の展示作品は「追羽根」。以前に京都国立近代美術館で開催された「岡本神草の時代展」の図録に、同じ構図で同じ制作年の作品が朝比奈文庫の所蔵として載っています。仮に同じ作品だとしたら所蔵が福田美術館に変わったのかな?
(詳細は不明。)

kfcb240420-4.jpg

ここは撮影OKの施設ですが、鏑木清方など撮影禁止の作品もあるので、ご注意ください。

伊東深水の作品は「SNSなどの投稿禁止」となっていました。(伊東深水の作品は、今まで撮影禁止だった。) 美術館の職員に説明をうかがったところ「撮影は大丈夫ですが、SNSやブログなど公開は、ご遠慮していただいています」とのこと。撮影しても個人で観るだけにしましょうね。

kfcb240420-3.jpg

上の写真は館内で行なっている美人画の人気投票。でもね、1番左の山川秀峰の「振袖物語」は、男性が描かれている部分のアップなんです。美人イコール女性とは限らない、ということですかね。

次に
嵯峨嵐山文華館へ。

kfcb240420-5.jpg

第1会場の嵯峨嵐山文華館は浮世絵の特集。歌川広重や葛飾北斎の肉筆画。鏑木清方が愛して手元に置いていたという勝川春章の「桜下遊女之図」も展示。浮世絵版画の制作手順を解説パネルと板木や制作途中の作品を並べて説明するコーナーも。

そして、2階フロアの床が畳になった部屋では、浮世絵の流れを汲む美人画の名手ということで、近代の作品を展示。上村松園の「雪女」と深田直城の「幽霊」が並んで展示。オカルト・ヒロインの共演ですな。

谷角日沙春の超前衛的な美人画「美と顔」は一見の価値ありと思えましたが、撮影禁止です。お気をつけください。他にも鏑木清方の作品などが撮影禁止です。

こちらの美術館も伊東深水の作品は撮影OKですが、SNSやブログなど公開が禁止となっています。

kfcb240420-7.jpg

福田美術館と嵯峨嵐山文華館の共同開催
「 君があまりにも綺麗すぎて
〜福田コレクションの美人画〜 」
前期は5月27まで。
後期は5月29日〜7月1日。

福田美術館のYouTubeチャンネルで有名な竹本副館長を嵯峨嵐山文華館でお見かけしました。嵯峨嵐山文華館のカフェ店員が竹本副館長に何かを確認しているようでした。そんな事があると言うことは、この2つの美術館の協力体制は続くみたいと思われるので、今後も楽しみです。

KYOTOGRAPHIE 2024

今年も始まりました。京都国際写真祭。

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2024」
へ行ってきました。

昨日(4/13)は京博へ行ってきたことを当ブログに書きましたが、京博を出た後でKYOTOGRAPHIEのいくつかを回ってきました。

数ある会場の中から今回は、三条烏丸の界隈にある会場へ。

まずは
八竹庵(旧川崎家住宅)で行われている「インフォメーション町家」へ。
(下の写真)

kg240414-01.jpg

インフォメーション町家は、チケットやグッズなどの販売、周辺の案内の為に設置されているのですが、ここにも展示は少しですがあります。中でも、9つのモニターを並べて写真と音声を流す「メイド・イン・ダブリン」という作品がインパクト大。

インフォメーション町家は古い家屋でもあるので、下の写真のような景色も楽しめます。

kg240414-06.jpg

インフォメーション町家で、各会場に1回ずつ入れるパスポートチケットを購入。京都市民は500円割引で購入できます。チケットは他の会場でも購入できるようですが、インフォメーション町家は当イベントのスタート地点のように私は思えたので。

次に
帯匠の老舗の京町家、誉田屋源兵衛で行われている、バードヘッドというアートユニットの展示場へ。ここでは写真の前衛的な展示方法が行われていました。下の写真に写った作品は、いろいろな展示方法の中の1つ。

kg240414-03.jpg

こちらの会場内も古い家屋の雰囲気を楽しむことができます。
(下の写真)

kg240414-07.jpg

京都文化博物館の別館(旧日本銀行京都支店)で開催中の写真展は、アーティストのクラウディア・アンドゥハルとブラジルの先住民ヤノマミ族のコラボレーション作品の展示。
(下の写真)

kg240414-04.jpg

クラウディア・アンドゥハルの写真展にも複数のモニターを並べて写真と音声を流す作品があった。こちらのほうがモニターの数も多く大がかりです。
(下の写真)

kg240414-10.jpg

そして、旧日本銀行京都支店の2階に上がることができるのもKYOTOGRAPHIE開催中だけの楽しみの1つ。普段は1階にしか入れない。下の写真は2階から吹き抜けの1階を見下ろして撮影。写真展の1階の様子も写っています。

kg240414-09.jpg

嶋臺(しまだい)ギャラリーでは、ジプシーの日常生活や音楽とダンスを撮影したルシアン・クレルグの作品を展示。下の写真は展示写真の1つ。

kg240414-05.jpg

ジプシースタイルのギター演奏が鳴り響く会場は独特の雰囲気を出していた。展示室で再生されている音楽はマニタス・デ・プラタというかたのギター。マニタス・デ・プラタはジプシースタイルの曲を作る才能が高く、彼のレコード・ジャケットの写真はルシアン・クレルグが担当していたそうです。上の写真の中央にいるギタリストがマニタス・デ・プラタ。


今年のKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭も独特でインパクトあるアーティストの作品が揃っているようです。近いうちに他の会場にも行きます。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2024
は、5月12日まで。


ところで、

三条烏丸の交差点で、ちんどん屋に会いましたが、なんとKYOTOGRAPHIEのポスターを背負っていました。
(下の写真)

kg240414-08.jpg

いやぁ!
もりあがっていますねぇ!

では、また。

雪舟伝説 / 京都国立博物館

京都国立博物館で開催中の
「雪舟伝説 - 画聖(カリスマ)の誕生」
へ行ってきました。

sd240413-001.jpg

雪舟の影響を受けた作品などの展示を通じて、美術史で雪舟が「画聖」と呼ばれるようになる過程を探る美術展。

このイベントの公式ウエブサイトには大きく「雪舟展ではありません」という注意書きがしてありますが「雪舟筆」または「伝 雪舟筆」となっている作品が多く展示されるのも事実で、雪舟目的で訪れても良いような美術展と言えるかも?

sd240413-003.jpg

京博のウエブサイトまたは美術展のウエブサイトには出品リストが上がっていますが、入れ替え作品は多くないみたい。展示物の目玉といえる雪舟の国宝6点は全て通期展示。
(ただし、16mの巻物「山水長巻」は巻き替えがありますが、前期と後期の区別ではなく、3つの期間に別れています。)

開場は9時。私は京都駅から8時頃に京博へ向かって歩いて、着いたのは8時20分頃かな。さすがに早すぎたか、と思ったけれど、すでに20人ほどの列ができています。その後もドンドン人が増える。しかし、開館後は並ばずに入れる感じなので、訪れたい時刻に自由に来ても入れると思われた。
( ここに記載した状況は、あくまでも私が入館していた頃の様子です。)

sd240413-007.jpg

雪舟の作品は展示順路の頭のコーナーに集中しています。開場の直後は展示順路の頭が混む場合が多いですが、今回もそんな感じ。

展示順路の頭のコーナーが混んでいる場合、私は順番を無視して自由に動くのですが、今回は雪舟の作品が順路の頭なんだよなぁ。というわけで、順番に観ました。他のコーナーは、かなり余裕ある感じでしたが、1時間後に順路の頭のコーナーに戻ってみると、まだ混み合っていました。やはり、みんなの注目は雪舟なんだなぁ。

企画展を行なっているときでも1階フロアは常設として巨大仏像を展示している場合が多いですが、今回は1階も全て雪舟伝説展の展示。巨大仏像は見当たらない。この日は常設コーナーが、ありませんでした。

ところで、
過去の図録を置いてあるレファレンスコーナーで、2002年の「没後500年 雪舟展」の図録を発見。
( 下の写真 )

sd240413-005.jpg

2002年の雪舟展は、今は入場できなくなった明治古都館(下の写真)が展示室だった。しかも、その時のグッズ売り場は屋外。(もちろん今回の雪舟伝説展のグッズ売り場は屋内。) そんな記憶も交差する。

sd240413-006.jpg


話は戻って、今回の雪舟伝説展。

雪舟作品を観るのも楽しいですが、雪舟以降の画家による作品群も「これ、雪舟だろ!」と叫びそうになる作品の連続。こりゃ、かなり楽しい美術展ですよ。

sd240413-002.jpg

京都国立博物館
「雪舟伝説 - 画聖(カリスマ)の誕生」
前期は5月6日まで。
後期は5月8日〜5月26。


オマケ。
下の写真は京博の庭園で。

sd240413-004.jpg

この日は庭園を探索する人は少なめでした。(そりゃ、みんな雪舟を観たいもんね。)

では、また。

伊藤若冲 動植綵絵 模写

思わぬ所で伊藤若冲の模写に出会いました。

昨日は京都駅ビル内にあるホテル・グランヴィア京都の西側の出入口とフロントをつなぐ通路を通りました。ここの通路は以前にも紹介したことがありますが、美術学校の生徒の作品数点が常時展示されます。そのため、ちょっとしたアートスポットでもあります。

その通路とは以前に当ブログでも紹介したことがある、この景色(下の写真)を望める通路です。

hgt240408-01.jpg


ここの作品群の中に今、伊藤若冲の動植綵絵の「紫陽花双鶏図」の模写が展示されています。ここはオリジナル作品の展示スペースだと思っていたのですが、模写なども展示されることがあるんですねぇ。平井美羽というかたの作品です。
(下の写真)

hgt240408-02.jpg


この通路の作品は、いつも興味深く鑑賞しているのですが、現在の展示の作品群も上記した作品を含め面白いです。

ここの展示作品は、入れ替えは短い期間ではないと思うのですが、気になったので入れ替え時期をホテルの職員に聞いてみましたが、この日は日曜日。日曜日は入れ替え時期を調べるのは不可能とのこと。

気になるので展示期間は後日、再び調べてみようと思います。

高砂淳二写真展 / 美術館えきKYOTO

美術館えきKYOTOで開催中の
「高砂淳二写真展 -この惑星(ほし)の声を聴く-」
へ行ってきました。

tak240407-0001.jpg

ネイチャーフォトの写真家、高砂淳二さんの写真展。

地球の声を聴こうということがテーマのイベント。展示は「海の声」「大地の声」「空の声」の3コーナーがあります。

tak240407-0004.jpg

上の写真は、展示室内にあったメッセージを撮影。

都会で生活していたら出会えないような美しい写真が多いので、多くのかたにオススメできる写真展です。

夕日を撮るとき、偶然に稲妻が走り、夕日と稲妻のツーショットになった写真などは、偶然とはいえ、大自然の中で写真を撮り続けていないと出会えないショットだと思われる。

tak240407-0006.jpg

この写真展は、スマートフォン・携帯電話に限り、会場内の写真撮影が可能ですが、上の写真は4枚の絵葉書を撮影。会場内の展示作品の表面は、来場者が撮影するときに部屋の照明の光の反射が写り込みにくいような感じになっています。

tak240407-0003.jpg

空中から見た虹の写真もあります。虹は地面が邪魔をして半円に見えますが、空中から見ると円形に見えることがあるそうです。そう見えることは、見たことが無くても考えたら分かりそうですが、普段は気づかない。空中から見える円形の虹の写真を見ると、見る場所や方向を変えるだけで物事が大きく変わって見えることに気づかされます。

tak240407-0002.jpg

環境問題をかかえる現代、これらの美しい作品群は心に強く迫ってきます。みなさんも、ぜひ訪れてみてください。

美術館えきKYOTO
「高砂淳二写真展 -この惑星(ほし)の声を聴く-」
は、5月19日まで。

tak240407-0005.jpg

会期中は高砂淳二さんが作品について解説してくれるギャラリートークも何度か行われるようなので、ご興味あるかたは美術館えきKYOTOのウエブサイトを確認してからお出かけください。


ところで、
下の写真は京都駅の地下で撮影。

tak240407-0007.jpg

京都国立博物館で開催予定の
「雪舟伝説 - 画聖(カリスマ)の誕生」
のポスターが、すでに登場しています。いよいよ間近に迫ってきましたねぇ。

時代の証言者 マルク・リブー

よーじや祇園本店のお隣、
何必館・京都現代美術館で開催中の
「時代の証言者 マルク・リブー MARC RIBOUD展」
へ行ってきました。

mr240323-0001.jpg


マルク・リブーの写真展。マルク・リブー(1923〜2016)は、写真家集団「マグナム」の一員で、1950年代から世界中で活動したフォトジャーナリスト。この写真展は、マルク・リブーのサイン入りオリジナルプリントを60点ほど展示。

mr240323-0002.jpg


開場の時刻に合わせて入館した人は私を含めて数人。その後も少しづつ入館されていたようですが、人出は多くなく落ち着いて鑑賞できました。
( 記載した状況は、あくまでも私が入館していたときの様子です。)

フィデル・カストロ、毛沢東、パブロ・ピカソ、昭和天皇など著名な方を写したものから無名の人が行き交う街角を写したものまで様々な写真が展示されていますが、どれも見ごたえあります。

mr240323-0004.jpg


1967年、ワシントンで行われたベトナム反戦デモで、花を捧げた少女が銃剣を構える兵士たちと対峙している写真。そして1968年、北ベトナムのホー・チ・ミン大統領とファン・ヴァン・ドン首相がテーブルを囲んで穏やかに会話している写真。それらは世界中で衝撃的に紹介されたそうです。それらの写真も展示。

mr240323-0003.jpg


半世紀にわたり世界や時代を撮影してきたマルク・リブーの写真は、しっかりと観ておく価値があります。

何必館・京都現代美術館
「時代の証言者 マルク・リブー MARC RIBOUD展」
は、5月26日まで。

福田平八郎 / 大阪中之島美術館

大阪中之島美術館で開催中の
「没後50年 福田平八郎」
へ行ってきました。

fh50-240317-001.jpg

近代京都画壇の巨匠であり「写実に基づく装飾画」といわれている独特な作品を描いた福田平八郎の大回顧展。

同館では別フロアで「モネ 連作の情景」が開催中。そして隣の国立国際美術館では「古代メキシコ展」が開催中ですが、その2つは先月に訪れたので、今回は福田平八郎展に集中します。

私がモネ展を訪れたときの当ブログ記事は、こちら

私が古代メキシコ展を訪れたときの当ブログ記事は、こちら

fh50-240317-002.jpg

モネ展が開催中ということもあり、開館時刻の前後はチケット売り場が混みそうなので、今回はオンラインチケットを前もって購入。展示室フロアの開場時刻より前に到着しましたが、すでにモネ展は長い長い列ができています。チケット売り場も多少の列。福田平八郎展を待つ列は、開場時刻の直前になっても10名くらい。

fh50-240317-004.jpg

展示室フロアに行くためのエスカレータは1本ですが、展示室フロア開場の10時になると、まずは福田平八郎展の列の人をエスカレータに通して、次にモネ展の列の人を少しずつエスカレータに通す感じ。福田平八郎展の展示室内の人出は、まあまあ人がいますが、かなりユッタリと鑑賞できる程度。11時すぎた頃にフリースペースのフロアに戻ってきましたが、モネ展の入場を待つ長い列が未だありました。チケット売り場も多少の列が未だあります。

もちろん上記の状況は、あくまでも私が訪れたときの様子なので、他の日は異なるかも。混んでいる美術展があっても午後になると人出が落ちついてくる場合も多いそうですが、午後には帰路についていたので、午後の状況は不明。

fh50-240317-007.jpg

さて
内容

作品は、ほぼ年代順に展示されているので、装飾的といわれている独特の画風を確立する前、独特の画風を確立した頃、独特の画風をさらに追求していく頃、という流れを体感することができます。装飾的な画風を確立する前の時点でも装飾的に思える作品があったりするので興味深い、ということもあり、注目のコーナーは最初から最後まで全部。

fh50-240317-006.jpg

上の写真に写る看板にプリントされている作品が代表作の「漣(さざなみ)」ですね。

「漣」は、水の表現方法を模索した結果の傑作ですが、他にも水を表現した部分がある作品も。しかも「漣」と似たようなスケッチなどの展示もあり、漣と漣の関連作品を鑑賞するだけでもかなり楽しめます。

fh50-240317-003.jpg

上の写真は私が購入した絵葉書。左上から時計回りに「氷」「雲」「漣」「水」。この4点は通期展示。上下が分からないような作品もありますが、たぶん向きは合っていると思う。

グッズは他にもクリアファイルやトートバッグなどイロイロありますが、「漣」が全体にプリントされた16500円のシャツも売っていました。

展示室内の作品の数点が写真撮影OKですが、ほとんどの作品が撮影禁止なので、ご注意ください。
( これは偶然ですが、私が選んだ上記の絵葉書4枚の実物は、写真撮影OKでした。)

福田平八郎の作品を一度に大量に鑑賞する機会は今回が初めてだったこともありますが、上記した事などもあり、かなり楽しいイベントでした。

fh50-240317-005.jpg

大阪中之島美術館
「没後50年 福田平八郎」
前期は、4月7日まで。
後期は、4月9日から5月6日。

入れ替えがあるので、目的の作品があるかたは大阪中之島美術館のウエブサイトにある作品リストを確認してからお出かけください。

進撃の巨匠 竹内栖鳳と弟子たち / 後期

福田美術館で開催中の
「進撃の巨匠 竹内栖鳳と弟子たち」
へ再び行ってきました。

今回は後期の展示期間です。

sgnks240309-1.jpg

この美術展を前期で訪れたときの当ブログ記事は、こちらへ

竹内栖鳳とその弟子を紹介する美術展の後期展示。前期から入れ替わった作品も少なくないので、後期も楽しめます。

福田美術館を撮影した下の写真を見るかぎりでは、暖かそうな気温に思えますが、実際には昨日よりかなり寒い。ときおり積もらない程度に雪が降る。

sgnks240309-2.jpg

竹内栖鳳の弟子といえば、その画風から私は西村五雲というイメージを持っていたんですが、実際には京都画壇の他の有名画家も弟子にあたる人が多いんですな。そのことを今後も意識して鑑賞したい。

竹内栖鳳とその弟子というテーマで語るときに重要な人物の1人が福田平八郎。平八郎の作品も今回の美術展に展示されているんですが、大阪中之島美術館で福田平八郎の回顧展が始まっていますね。そちらにも出来たら足を運びたいですよね。

sgnks240309-3.jpg

福田美術館
「進撃の巨匠 竹内栖鳳と弟子たち」
は、4月7日まで。

その後は福田美術館の近所、
嵯峨嵐山文華館で開催中の
「よきかな源氏物語」
にも再び入ってきました。

こちらも今回は後期の展示期間です。

sgnks240309-4.jpg

源⽒物語を題材にした⽇本画の作品を展示する美術展の後期展示。こちらも前期から入れ替わった作品が少なくないので楽しめます。

嵯峨嵐山文華館といえば、歌仙絵に描かれた人物の人形が常設展示されています。今回の美術展の期間中は「紫式部をめぐる人々」という解説パネルが設置されていますが、歌仙絵に描かれている人物も「紫式部をめぐる人々」で紹介されている場合が多いので、その人形を探してみるのも良いかもしれません。
(作品の鑑賞とは違う楽しみ方になりますが、こんなのも良いかも。)

sgnks240309-5.jpg

嵯峨嵐山文華館
「よきかな源氏物語」
は、4月7日まで。

昼食は福田美術館のカフェで食べたので、嵯峨嵐山文華館のカフェ(嵐山OMOKAGEテラス)では京ほうじ茶ラテのみ、にしようかと思ったけれど、カフェの受付に美味しいクッキー(下の写真)が置いてあったので、それも購入して口に。ちょっと休憩してから帰宅。普段はクッキーなどは食べませんが、たまには良いかも。

sgnks240309-6.jpg

さて
上記した2つの美術展が終了したら、次は福田美術館と嵯峨嵐山文華館の共同開催で美人画の美術展「君があまりにも綺麗すぎて 〜 福田コレクションの美人画」が開催されます。
下の写真は、そのチラシ。

sgnks240309-7.jpg

これまで福田美術館で何度も紹介されてきた上村松園、鏑木清方、伊藤小坡、伊東深水、梶原緋佐子らの作品が予告されています。しかし、福田美術館では紹介されてこなかった甲斐荘楠音と岡本神草の名前も上がっていますが、新たなコレクションでしょうか?

今までに紹介されてきた美人画のコレクションも再び観たい作品が多いということもあり、楽しみにしております。

伊藤若冲の大作 新発見 / 福田美術館

福田美術館が
また やりましたねぇ!

伊藤若冲の巻物状(全長3m30cm)の大作を新たに発見だそうです。「果蔬図巻」と名づけられています。

このニュースを伝えるNHKのウエブサイト(動画つき)は、こちら

福田美術館のウエブサイトの「プレス関係者の方はこちらをご覧ください」へ進むと「伊藤若冲 果蔬図巻 新発見 記者発表会事後リリース」というPDFがダウンロードできますが、このPDFに「果蔬図巻」の解説が載っています。

福田美術館のウエブサイトは、こちら

10月に一般公開だそうですが、福田美術館では10月12日から開館5周年記念展が開催されるので、その中で展示されるそうです。楽しみですねぇ!
プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR