fc2ブログ

三尾公三 / 京都国立近代美術館

先日、京都国立近代美術館の「生誕100年 清水九兵衞/六兵衞」に行ってきたことを書きましたが、同館の「2022年度 第3回コレクション展」で特に気になった方が、三尾公三。

京都国立近代美術館の
「2022年度 第3回コレクション展」
では、「特集:三尾公三」と題して三尾公三の6点の作品を展示しています。

三尾公三(1923〜2000)は、元は絵筆を使用して作品を描いていたそうですが、40年代初めにエアブラシで木製パネルに吹き付けて描く独自の画境を開拓。残像、錯覚、心象風景などを思わせる非現実的なイメージを創造した方だそうです。


mio220808-02.jpg
「渚にて(D)」


非現実的だけれど身近な感じがして不思議に思っていましたが、京都国立近代美術館の解説によると雑誌「FOCUS」の表紙絵を創刊から18年間担当されていたそうです。身近な感じがしてしまったのは「FOCUS」の表紙絵と印象が似ていた展示作品もあったからでしょうか?


mio220808-03.jpg
「回想の刻」


mio220808-04.jpg
「Fiction Space M1,M2」


京都国立近代美術館
「2022年度 第3回コレクション展」
は、10月2日まで。

夏樹螢石「昆虫彩時記」京都写真美術館

京都写真美術館の
夏樹螢石 写真展「昆虫彩時記」
を観てきました。

さきほど、京都国立近代美術館へ行ってきたことをこのブログに書きましたが、京都国立近代美術館の近所である京都写真美術館にも立ち寄りました。

kontyu220806-02.jpg


京都写真美術館 2階では
夏樹螢石 写真展「昆虫彩時記」
が、明日(8月7日)まで開催中。

逞しく生きる小さな生命たちというテーマで昆虫の写真を中心に展示しています。

無料ということもあり、なんとなく立ち寄りましたが、生命力を感じて見入ってしまった。

kontyu220806-03.jpg

kontyu220806-04.jpg


虫だけでなく蛇や小鳥の写真もありましたが、中でも特に下のフクロウの写真から目を離せなくなりそうだった。

kontyu220806-05.jpg


クワガタなど、虫籠に入れた生きている虫も展示されていた。
(下の写真)

kontyu220806-06.jpg


生きているクワガタを見るのは久しぶりだよ。

というわけで、なんか得した感じ。

kontyu220806-01.jpg


1階では、7月25日の当ブログでも紹介した「蔵出しセール! 清永安雄」が、8月31日まで開催中。

(京都写真美術館は、8月8日から8月16日までは夏季休館です。)

清水九兵衞/六兵衞(京都国立近代美術館)

京都国立近代美術館で開催中の
「生誕100年 清水九兵衞/六兵衞」
へ行ってきました。

kyomizu220806-01.jpg

清水九兵衞といえば、京都の街中の野外作品をこのブログでも何度か紹介したことがあります。

このお方、七代目の六兵衞を襲名した活動としては陶芸家。そして、九兵衞としては、アルミニウムを主な素材とする彫刻家として活動していたんですな。

kyomizu220806-02.jpg

陶芸家としての作品は、私は今まで詳しくは知らなかったのですが、切断されたものを再構成したような形状は、とても面白くて刺激的に感じた。

アルミニウムの彫刻家としては、京都に野外作品があることもあり、見なれているつもりでいましたが、美術展でいろいろな作品を観てみると、あらたな感動があります。

kyomizu220806-03.jpg

大きめの作品が並ぶコーナーは、写真撮影OKの部屋もありますが、撮影OKの部屋は1部屋だけなので注意。
(この上と下の写真は、写真撮影OKの部屋にあった展示作品。)

kyomizu220806-04.jpg

京都駅などにある野外作品の模型を展示するコーナーもあります。今後も街中にある作品を見かける時は意識して観たいですね。

京都国立近代美術館
「生誕100年 清水九兵衞/六兵衞」
は、9月25日まで。

kyomizu220806-05.jpg

同館の所蔵品展である「2022年度 第3回コレクション展」では、清水六兵衞の先代である五代と六代の六兵衞の作品も展示されています。企画展の主役である七代目の六兵衞と比較するのも面白いかも。

京都国立近代美術館
「2022年度 第3回コレクション展」
は、10月2日まで。

このコレクション展の作品リストには、甲斐庄楠音の「舞う」が記載されていますが、なんと、後期の展示予定なので今は展示されていないんですね。というか、所蔵品展は前期と後期の区別があるのね。
残念。

2022年度 第3回コレクション展の後期展示は、8月30日から。

kyomizu220806-06.jpg

上の写真は、同館の4階フロアから階段を見下ろしたところ。特に載せておく意味はないけれど、なんとなく。

岡本太郎の写真

大阪中之島美術館で開催中の
「展覧会 岡本太郎」について。

素晴らしい美術展であることを先日の当ブログに書きましたが、

実は残念に思うことも。

事前情報では岡本太郎が撮った写真も展示となっていましたが、プリントされた状態での写真展示は3点のみ。それ以外の写真はテレビモニターに表示され、次々と自動的に切り替わる感じ。

岡本太郎が撮った写真を高く評価する人も少なくないし、私も好きなので、できたらプリントされたものをもっと観たかった。



岡本太郎が撮った写真に興味をもつようになったのは、NHK日曜美術館。

NHK日曜美術館の20年ほど前の「岡本太郎 日本を撮る」という放送分で、岡本太郎の写真が詳しく紹介され、歴代のNHK日曜美術館の中でも特に素晴らしい放送回だったと思います。そのときの放送に深い感銘を受けました。

岡本太郎が撮った写真は、日本各地の文化の調査に伴うものが多い。ということは、資料的な価値として撮ったはずですが、水平を無視したような構図で撮ったものもあり、その場のノリを大切にしていたと思われます。

下の写真は
岡本太郎が岩手県で撮った「鹿踊り」
( 展覧会 岡本太郎のチラシより )

ssodr220801.jpg

凄い躍動感を感じます。
岡本太郎が撮った写真の中でも特に好き。

この「鹿踊り」の写真、展覧会岡本太郎ではプリントしたものの展示は無かったので、テレビモニターに表示されるものの中にあったと思われます。

鹿踊りを見た岡本太郎は「ジャズだ」と叫びながら、自身も踊るような感じで撮ったそうです。その結果、できた写真が上の画像。

「鹿踊り」の映像は、YouTubeに多数が上がっていますが、その中から1つをここに貼り付けておきます。

ぜひ、ご覧ください。岡本太郎が夢中でシャッターをきった気持ちが分かります。



展覧会 岡本太郎 / 大阪中之島美術館

大阪中之島美術館で開催中の
「展覧会 岡本太郎」
へ行ってきました。

trkot220731-1.jpg

没後開催された岡本太郎の回顧展のなかで最大規模ということなので、特に期待していた美術展。

今年開館した大阪中之島美術館に来るのは初めてですが、コロナが再び不穏な感じになってきているので、開場する時刻に入館して、早めに帰路につきます。
(初めて入る施設なので、美術展の観賞後もユックリしてから帰りたいのが本音ですが。)

trkot220731-2.jpg

開場は10時。10時の日時指定チケットを持っていたので、早めに来なくても開場のころに余裕で入場できるはずですが、着いたのは9時20分ごろ。暑いので外で待つのはヤバイなぁ、と思いましたが、なんと、その時刻には建物の入口である1階と2階には入館できました。

展示室フロアの開場時刻を待つ間は、フリースペースとなる1階と2階をブラブラ。

trkot220731-3.jpg

上の写真、
1階には記念撮影スポットとしてタローマンが設置されていた。タローマンの横に並んで撮ることもできます。ジオラマの建物は作り込まれているので、細かいところも見てしまう。(そういえば、この番組、ぜんぜん観てなかった。)

10時のチケットを持っている人は9時45分に展示室の4階へ移動OKとなり、展示室に入場。早めに来る価値は、あったようだ。9時45分までに来た人は、まあまあいましたが、たいして多くない感じに思えた。

trkot220731-5.jpg

さて本題。

代表作や有名作品が次々に出てきます。しかも写真撮影OKです。

これは当たり前かもしれんが、図版などで観たことがある作品でも、実物はさらにインパクトが大きく感じられ、新たな感動がある。

trkot220731-4.jpg

新発見された若き日の作品3点がニュース番組などでも取り上げられて、今年の話題の1つとなっていますが、その3点も当展で展示。その後の作品と比べたらインパクトの低い作品ですが、興味深い作品。

絵画などの作品だけでなく、ウイスキーのオマケだった顔のグラスや近鉄バファローズ関連品なども展示。「芸術は爆発だ」のセリフが出てくるテレビCMも連続再生されています。

trkot220731-7.jpg

重要な作品を一挙に観られることもあり素晴らしい内容です。

かわいいペーパー・クリップを買った。
下の写真

trkot220731-6.jpg

大阪中之島美術館
「展覧会 岡本太郎」
は、10月2日まで。

7月24日の追記(京都写真美術館)

7月24日に京都市京セラ美術館へ行ったとき、その近所の京都写真美術館へも立ち寄りました。

gjksb220725-01.jpg


1階では
「蔵出しセール! 清永安雄」
を開催中。

特にテーマがあるわけではなく、工房整理で蔵出しした作品群のようです。こういう展示も面白い。7月10日の当ブログで紹介した「清永安雄 写真展 樹々変化」の作品も展示されていたようです。

gjksb220725-02.jpg

「蔵出しセール! 清永安雄」
は、1階で8月31日まで。
(8月8日〜8月16日は夏季休館)



2階では
「吉田正 写真展 Eyes of Mind 心の瞬き」
を開催中。

一瞬一瞬の出来事を大切に撮ったような写真に心が引き寄せられます。

gjksb220725-03.jpg

「吉田正 写真展 Eyes of Mind 心の瞬き」
は、2階で7月31日まで。


京都写真美術館は大きい施設ではないし、入場無料ですが、立ち寄ると何かを感じとることができます。

綺羅めく京の明治美術 / 京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館で開催中の
「綺羅めく京の明治美術ー世界が驚いた帝室技芸員の神業」
へ行ってきました。

kirakyoto220724-01.jpg

今日は不発弾撤去の作業に伴い、JR大阪駅から高槻の区間は運転休止の時間帯がありました。私は、この区間とは関係ない地域を移動しただけなので、特に問題なく行き帰りできました。

さて本題

帝室技芸員とは
「明治23年に発足した制度で、皇室によって優れた美術工芸家を顕彰、保護するもの。昭和19年まで続いた。」
というものだそうです。

この美術展は、京都にゆかりのある帝室技芸員を紹介するイベントです。帝室技芸員ということで、技術的な高さに注目してしまいますが、いろいろな種類の作品が展示されています。絵画や陶器の作品だけではなく、紙幣の図案や刀の鐔(つば)なども。

kirakyoto220724-02.jpg

富岡鉄斎は他の作家の作品と比べてラフタッチな感じで異色ですが、重要文化財となっている大作「阿倍仲麻呂明州望月図・円通大師呉門隠栖図」は、見応え大。
(この作品の展示は、8月7日まで。その後は他の富岡鉄斎作品が展示されます。チラシに記載されていた展示期間が富岡鉄斎のみ変更になったそうなので、注意。)

kirakyoto220724-03.jpg

私が注目したのが岸竹堂。以前に福田美術館で虎を描いた岸竹堂の作品を観たことがあり気になっていたのですが、京都市京セラ美術館の今回の解説によると「サーカスで実物の虎を見たことで、虎を特に描くようになり、後続の竹内栖鳳などに影響をあたえた」みたいなことが書かれている。江戸時代の虎図と明治以降の虎図は印象が違いますが、その違いは岸竹堂の活躍が大きいポイントなのかも。

岸竹堂が描いた虎は、この美術展でも観ることができますが、他にも美人画や風景画など、虎以外の岸竹堂も観ることができます。

kirakyoto220724-04.jpg

多彩な作品が展示されているので、人によって大きく注目ポイントも変わってくると思われます。例えば絵画だけでも多彩な印象のものがあり、総合すると、とても楽しいイベントでした。

京都市京セラ美術館
「綺羅めく京の明治美術ー世界が驚いた帝室技芸員の神業」
は、9月19日まで。

そして
同館の所蔵品展であるコレクションルーム夏期にも入ってきました。

2022夏期のテーマは
「幻想の系譜-西洋版画コレクションと近代京都の洋画」。

kirakyoto220724-05.jpg

今回の内容は「象徴主義を含む世紀末芸術、シュルレアリスム、ウィーン幻想派に属する作品群」となっています。

ギュスターヴ・モローのエッチング、デ・キリコのリトグラフ、などなど、西洋の画家の作品も多く、今までの京都市京セラ美術館の所蔵品展のイメージとは異なる感じ。シュルレアリスムに傾倒した京都の作家の作品も展示。

ルネ・マグリットの展示作品はリトグラフが2点となっていますが、そのうち1点は、4つの異なる作品が1つの額に入っている作品となるので、実質は5点が展示。2点と思って入場したので、なんか得した感じ。

象徴主義や幻想的な作品だけではなく、夏らしい海の風景画などを展示するコーナーもあり、所蔵品展として総合的に楽しむこともできます。

京都市京セラ美術館
「コレクションルーム夏期・幻想の系譜-西洋版画コレクションと近代京都の洋画」
は、9月25日まで。

ちなみに
普段は南回廊がコレクションルームの会場ですが、今回の2022夏期は北回廊で開催。特別展の「綺羅めく京の明治美術」が南回廊となっています。なので、普段はコレクションルームに入ると中庭に出ることができますが、今は特別展「綺羅めく京の明治美術」に入ると中庭に出れます。

北回廊にも中庭は存在しますが、屋根付きなので実際には室内空間です。
(下の写真)

kirakyoto220724-06.jpg

ここは普段、特別展の入場口と記念撮影コーナー、特別展グッズの専門ショップなどのスペースとなっていますが、今はコレクションルームが、こちら側の為、何もない空間と化していました。なので珍しい光景となります。コレクションルームは、夏期が終われば再び南回廊に戻るそうです。

開館3周年記念 福美の名品展 / 福田美術館

福田美術館で開催中の
「開館3周年記念 福美の名品展 〜まだまだあります未公開作品〜」
へ行ってきました。

f3-220716-001.jpg

福田美術館の開館3周年記念展です。この秋で3年になるんですね。今回の美術展は、リクエストの多かった作品とともに、今まで紹介する機会が少なかった作家の作品となっています。

この日の人出は、十分なスペースをもって鑑賞できる程度。
(記載した状況は、あくまでも私が入館していたときの様子。)

f3-220716-005.jpg

展示室に入ると、横山大観の大作「富士図」(通期展示) と 川合玉堂の4幅対の掛軸「長閑/驟雨/斜陽/吹雪」(前期展示)の展示が大きいスペースをとる為、特に存在感を感じます。

これまで紹介する機会が少なかったコレクションとしては、高山辰雄の作品が特に現代的なアートに思えた。今までの福田美術館のイメージとは異なる印象の作品も多いので面白い。

f3-220716-006.jpg

大正12年に刊行された近松門左衛門の作品集「大近松全集」の付録に付けられた版画13点と原画5点を展示するコーナーもあります。その中から福田美術館では過去に上村松園「雪女」の原画を展示したことがありました。雪女は、おどろおどろしい作品でしたが、他の作家の作品は、いろいろな印象で多種多様だったようです。(雪女は今回も展示されています。)

廊下には「福田美術館 建築のひみつ」というパネルが展示してあった。ここは好きな建物なので、こういう解説を読むのも楽しかったりする。
(下の写真)

f3-220716-004.jpg

福田美術館
「開館3周年記念 福美の名品展 〜まだまだあります未公開作品〜」
前期は、8/29まで。
後期は、8/31〜10/10です。

その後は
嵯峨嵐山文華館で開催中の
「どうぶつ美術館」
にも入ってきました。

f3-220716-002.jpg

動物画を展示する楽しい楽しい美術展。福田美術館の所蔵品から選出されているので、福田美術館の動物画をたっぷり楽しむ良い機会です。

福田美術館で過去に観て印象の良かった作品もあるので、福田美術館の3周年記念展の一部として鑑賞するような楽しみかたもできます。

以前から特に気に入っていた竹内栖鳳の大作「春郊放牛図」は、床が畳の展示室に置かれていた。好きな作品と畳の部屋で再会できるのは嬉しい。

f3-220716-003.jpg

嵯峨嵐山文華館
「どうぶつ美術館」
前期は、8/29まで。
後期は、8/31〜10/10です。

Magritte on Film / 京都写真美術館

京都写真美術館で開催中の
ゴトウヨシタカ フィルム写真展
「Magritte on Film vol.2」
に行ってきました。

ksb220710-1.jpg


先日、京都国立近代美術館の鏑木清方展に訪れた後で、その近所である京都写真美術館にも入ってきました。

ksb220710-2.jpg


ゴトウヨシタカ フィルム写真展
「Magritte on Film vol.2」
は、画家ルネ・マグリットの作品をオマージュした写真作品を展示しています。

デジタル合成ではなく、フィルムカメラによる多重露光によるものだそうです。これは面白い。

ksb220710-3.jpg

ksb220710-4.jpg


京都写真美術館
ゴトウヨシタカ フィルム写真展
「Magritte on Film vol.2」
は、7月17日まで。

2階で開催されていた上記のイベントを見る為に訪れましたが、
1階で開催中の
清永安雄 写真展「樹々変化」
も見入ってしまう内容でした。

ksb220710-5.jpg


森の中で写したという木々の写真群は、異様にも思える迫力です。

京都写真美術館
清永安雄 写真展「樹々変化」
は、7月16日まで。

ksb220710-6.jpg


京都写真美術館は小さい施設ですが、この日の内容は興味深い素晴らしいものでした。

鏑木清方展へ再び

京都国立近代美術館で開催中の
「没後50年 鏑木清方展」
へ再び行ってきました。

kkt220709-1.jpg

前期や後期などの区切りがなく、入れ替えの日程が各作品で異なる美術展でしたが、多くの作品を観る事ができるタイミングで2回の入場ができたかも。

人出は、5月28日に来たときより少し多めに思えた。(記載した状況は、あくまでも私が入館していた頃の様子。)

kkt220709-4.jpg

清方自身の評価が特に高かったとされる「遊女」が、7/5〜7/10までの短い期間での展示となる為、このタイミングで再び入場しておくことに。

「遊女」を描く元になった小説については詳しく知らないのですが、そのストーリーは何となく知っているので、小説の感じと重ね合わせて観てしまいます。しかし、それを差し引いて観てもドキッとする作品。図版を見ると、絵画作品としてデザイン的に着物の裾が長すぎるように思えていましたが、屏風で中央が奥に折れている為か、実物は丁度良いように感じた。

kkt220709-5.jpg

上の写真は「遊女」の絵葉書を撮影。

5月28日に来た時点では展示されていなかった作品が他にもあり、やはり再び入場する価値はあった。通期展示の作品も見応えの高さを再び感じたよ。

気づいた事。
1階の奥の部屋に鏑木清方展の展示作品を上映するコーナーがありました。前からあったんですかね? 5月28日に来た時は気づきませんでした。モニターは大きめの家庭用テレビくらいでしたが、作品を映した超ドアップな映像も流れていたので、実物を鑑賞するのとは別の意味で価値のある展示かも? 無料スペースですが、その存在に私が気づいた時は、人が少なめでした。

kkt220709-3.jpg

今年、大注目の鏑木清方展も7月10日で閉幕。素晴らしい魅力がある美術展でした。

京都国立近代美術館
「没後50年 鏑木清方展」
は、7月10日まで。

プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR