fc2ブログ

GOLGO13 SERIES No.222

12月13日は、
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
のNo.222号の発売日です。
店頭には、すでに並んでいます。

g13s231212-00001.jpg


「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
とは、
ビックコミック誌には掲載済みであるが、単行本化は未だのゴルゴ13が載る雑誌扱いの本です。ビックコミック誌を購読していない場合は、ゴルゴ13の新エピソードを最も早く読む手段となります。

稲作事業が妨害により計画とん挫の危機。その事業の主任がゴルゴ13の姿に変装させられる。ゴルゴ13のふりをすると本物に命を狙われるはずですが、実は・・・
という感じのエピソード「逆心のプラントアカデミー」

行方不明の恋人を探す女性。その女性は可哀想な立場に見えてしまうが、実は・・・
という感じのエピソード「レディ・フィンガー」

今号は上記のエピソードを含む3話を収録。

今号より連載55周年記念企画として毎号連続の抽選プレゼントがあります。第一弾は鉛筆、消しゴム、鉛筆削り、鉛筆エクステンダーが一体化した「パーフェクト・ペンシル」というもの。ゴルゴ13の55周年ロゴ入り。抽選の応募には紙面の一部を切り取る必要がありますが、雑誌扱いの本なので、切り取ることには抵抗ない人が多いかも?

次回の
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
の発売日は2024年3月13日です。

ブラック・ジャック新作

ブラック・ジャックの新作が載った週刊少年チャンピオンを買ってきた。AIと人が協力して作ったことで話題になったやつです。

11月22日発売だったので、ちょっと購入が遅れましたが。


ssc231126.jpg


実を言うと、発売日の当日にアマゾンのポイントを使って電子版をダウンロードしたので、すでに読み終わっていたのですが、まだ店頭に紙版が残っているのを見つけたので。

ブラック・ジャックの新作が載る週刊少年チャンピオンを手に取るのは何年ぶりでしょうか? そもそも、ブラック・ジャックが終わって以降の週刊少年チャンピオンは手に取った記憶がない。
(連載終了後に単発掲載が何度かありましたが、それは手に取った記憶がある。)

電子版は、まっ白の紙の上に印刷されたような表示になりますが、紙版はマンガ雑誌特有の再生紙の為、白い紙ではありません。なので見た目の雰囲気はかなり違います。

内容は、かつて未解決となっていた問題に再び挑む、という感じのストーリー。その問題を手塚治虫先生は意図的に未解決として残していた、とも思えるので、本当に新作と言えるかどうかは賛否が分かれるかもしれません。

AIと人が、どのように分担して作り上げていったか、という過程なども紹介されているので、賛否両論あったとしても興味深く読めると思います。こういう事例は制作過程を公表することに意味があるはず。

週刊誌なので、紙版は店頭から消えていくでしょうが、電子版は何週間も前のものもダウンロードできるようなので、ご興味ある方は、ぜひ。

GOLGO13 SERIES No.221

9月13日は、
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
のNo.221号の発売日です。
店頭には、すでに並んでいます。

g13s-230912.jpg

「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
とは、
ビックコミック誌には掲載済みであるが、単行本化は未だのゴルゴ13が載る雑誌扱いの本です。ビックコミック誌を購読していない場合は、ゴルゴ13の新エピソードを最も早く読む手段となります。

今号にはスコットランド独立問題が舞台となるエピソード「覚悟がすべて」を収録。秘密情報部員シリーズの出演が当たり役となったシェーン・コナリーという俳優が登場しますが、このキャラのモデルはスコットランド独立を望んでいたあの俳優ですね。

狙撃で暗殺を成功させた直後、とっさの判断で人助けもこなしてしまう「偶然の先に」という短いエピソードも注目ですな。

今号は上記のエピソードを含む3話を収録。

次回の
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
の発売日は12月13日です。

GOLGO13 SERIES No.220

6月13日は、
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
のNo.220号の発売日です。
店頭には、すでに並んでいます。

G13S220-230612.jpg

「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
とは、
ビックコミック誌には掲載済みであるが、単行本化は未だのゴルゴ13が載る雑誌扱いの本です。ビックコミック誌を購読していない場合は、ゴルゴ13の新エピソードを最も早く読む手段となります。

今号の「依頼なき狙撃」は、そのタイトル名のとおり、依頼なき狙撃がゴルゴ13によって行われます。久しぶりに登場するフリージャーナリストの深沢が、その謎を探りますが、ゴルゴ13の考えをいろいろと想像してしまうエピソードです。

今号は上記のエピソードを含む2話を収録。

次回の
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
の発売日は2023年9月13日です。

Gの遺伝子 少女ファネット 第1集発売

ゴルゴ13スピンオフシリーズ第2弾
「Gの遺伝子 少女ファネット」
の単行本、第1集が発売されました。

gisf-230530-0001.jpg

実を言うと、雑誌掲載の時点では読んでいないエピソードが多いので、楽しみ。

ファネットやファネット周辺のキャラだけでなく、チョイ役のキャラでゴルゴ13本編に登場した人もいますが、そういうキャラを紹介するコーナーを巻末に収録。「これ、あの人だったの?」と思うようなキャラも載っていて楽しい。

少女ファネットについての、さいとうたかを先生のインタビューも掲載。これは、読者が選ぶゴルゴ13ベスト選集「リーダーズ・チョイス」に載っていたインタビューと同じですが、このタイミングで、あらためて読んでおきましょう、ということかな。


ところで

同時発売として
「ゴルゴ13 スペシャルエディション3」
が発売されています。

gisf-230530-0002.jpg

スペシャルエディションの3巻から5巻のテーマは「Gの起源」。ゴルゴ13の出生などの秘密を探る「ルーツ編」と呼ばれるタイプのエピソードが選集されます。今回のスペシャルエディション3は、4話収録。ファネットがゴルゴ13本編に初登場したエピソード「Gの遺伝子」も収録されます。

スペシャルエディションの最新巻がルーツ編特集となったのは、スペシャルエディションにファネット初登場エピソードを載せるためであろうか?

発売間近 Gの遺伝子 少女ファネット

ゴルゴ13スピンオフシリーズ第2弾
「Gの遺伝子 少女ファネット」
の単行本、第1集が
5月30日に発売されます。

それに先立ち
5月25日発売号のビッグコミック誌には
特別付録として
「Gの遺伝子 少女ファネット」第1集の
着せ替えカバー & 特大しおり
が付いています。

gsf230525-01.jpg

ビッグコミック誌と付録は、下の写真のように繋がっています。

gsf230525-02.jpg

ビッグコミック付録のカバーは白地ですが、実際の単行本に付いているカバーは黄色地みたいです。

下の写真の右に「Gの遺伝子 少女ファネット」の宣伝が写っていて、カバー表紙も載っています。

gsf230525-03.jpg

ちなみに
ゴルゴ13の遺伝子を持つファネットという少女が存在する理由は、スピンオフだけを読んでも分かりにくいと思うので、ゴルゴ13本編にファネットが初登場する「Gの遺伝子」というエピソードを先に読んでおくことをオススメします。

「Gの遺伝子」は、ゴルゴ13本編の206巻に収録ですが、5月30日に発売の「ゴルゴ13 スペシャルエディション3 Gの起源」にも収録されます。(スペシャルエディションの3から5は、Gの起源ネタのエピソード収録になるそうです。)

GOLGO13 SERIES No.219

3月13日は、
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
のNo.219号の発売日です。
前日が日曜日のこともあり昨日(3/10)から店頭に並んでいました。

g13s230310-01.jpg

「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
とは、
ビックコミック誌には掲載済みであるが、単行本化は未だのゴルゴ13が載る雑誌扱いの本です。ビックコミック誌を購読していない場合は、ゴルゴ13の新エピソードを最も早く読む手段となります。

サミット開催を間近に控えるアメリカ合衆国。警備責任者はサミット期間中にゴルゴ13を遠ざけるよう計画するが、コロナの影響もあり開催予定の日程が次々と変更になる事態に! という感じのエピソード「地球の裏側で」。

今号は、上記したエピソードを含む4話収録。

次回の
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
の発売日は、2023年6月13日です。

GOLGO13 SERIES No.218

12月13日は、
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
のNo.218号の発売日です。
店頭には、すでに並んでいます。

g218-221212.jpg

「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
とは、
ビックコミック誌には掲載済みであるが、単行本化は未だのゴルゴ13が載る雑誌扱いの本です。ビックコミック誌を購読していない場合は、ゴルゴ13の新エピソードを最も早く読む手段となります。

米国の無人攻撃機の女性オペレータが、ゴルゴ13に夢中になってしまうエピソード「銀翼の花嫁」。

軍が透明スーツを開発するエピソード「地図無き悪霊の森」。(透明スーツといえば、「カメレオン部隊」というエピソードが過去にありましたが、それとは違うエピソードです。)

今号は、上記したエピソードを含む3話を収録。今回も楽しませていただきました。

次回の
「別冊ビックコミック・ゴルゴ13シリーズ」
の発売日は、2023年3月13日です。

ゴルゴ13沖吾郎作品集

9月末に発売された
「ゴルゴ13 Special Edition 2 脚本/沖吾郎作品集」
を読みました。

読みました、と言っても、読んだことがあるエピソードばかりですが、名作と呼ばれている話も多いですな。

oki221011.jpg

この秋、ゴルゴ13の通常の単行本とは異なる3冊の本が発売されて(Special Editionが2冊とスピンオフが1冊)、当ブログで紹介してきましたが、これがその3冊目の紹介。

さいとうたかを先生自身が、ゴルゴ13の脚本を担当されたエピソードは「脚本/沖吾郎」と表記されます。要するに、この単行本は、さいとうたかを先生が脚本を担当されたゴルゴ13を集めた本なんです。

ここには5本のエピソードが載っていますが「沖吾郎作品を全て収録」と発表されています。

世界情勢をシミュレーションした物語にゴルゴ13を配置してみるというパターンのエピソードは、この本には登場しません。やるせない結果が待っているようなハードボイルド的な話が多い。

なので、
ゴルゴ13を読んだことがない人がイメージしているゴルゴ13の物語に近い話が載っているのではなかろうか?

興味深く味のある選集でもあります。

銃器職人・デイブ

ゴルゴ13スピンオフ第1弾の単行本
「 銃器職人・デイブ 」
が、先週末に発売されましたねぇ。

jksnd221004.jpg

このブログでも発売前に何度か紹介してきましたが、実を言うと、雑誌の連載は第1話分しか読んでいなかったので、今回の単行本発売を楽しみにしていました。

ゴルゴ13からの依頼を受ける話もありますが、その場合でもデイブの視点で話は進みます。ゴルゴ13が登場するシーンがあったとしても顔が見えないカットになっています。

ゴルゴ13のM16を洗浄しているシーンなどもあるので、1回だけ使うような特殊な銃器を依頼するだけではなく、実際にはゴルゴ13との付き合いが思っていたより多そう。

デイブのことをあまり知らない方には、ゴルゴ13本編のデイブが登場する話を集めた「ゴルゴ13 Special Edition 1 デイブ・マッカートニーの仕事」と合わせて楽しむのが良いと思います。

プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR