fc2ブログ

三尾公三 / 京都国立近代美術館

先日、京都国立近代美術館の「生誕100年 清水九兵衞/六兵衞」に行ってきたことを書きましたが、同館の「2022年度 第3回コレクション展」で特に気になった方が、三尾公三。

京都国立近代美術館の
「2022年度 第3回コレクション展」
では、「特集:三尾公三」と題して三尾公三の6点の作品を展示しています。

三尾公三(1923〜2000)は、元は絵筆を使用して作品を描いていたそうですが、40年代初めにエアブラシで木製パネルに吹き付けて描く独自の画境を開拓。残像、錯覚、心象風景などを思わせる非現実的なイメージを創造した方だそうです。


mio220808-02.jpg
「渚にて(D)」


非現実的だけれど身近な感じがして不思議に思っていましたが、京都国立近代美術館の解説によると雑誌「FOCUS」の表紙絵を創刊から18年間担当されていたそうです。身近な感じがしてしまったのは「FOCUS」の表紙絵と印象が似ていた展示作品もあったからでしょうか?


mio220808-03.jpg
「回想の刻」


mio220808-04.jpg
「Fiction Space M1,M2」


京都国立近代美術館
「2022年度 第3回コレクション展」
は、10月2日まで。

プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR