FC2ブログ

写真で観る美術作品・その4

美術展で撮影可能だった作品の写真を掲載する企画、その4です。

美術展の来場者が撮影した写真は、ガラスの反射などもあり良質な資料とは言えませんが、あえて撮影してきた雰囲気を楽しもうと思います。


武田秀雄「ジュルジュ・スーラに捧ぐ」
(あべのハルカス美術館、2014年の美術展「新印象派展」で撮影)

syasinnbi210209-16.jpg

まち針90万本でスーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」を原寸大で再現した作品。まち針の頭の球が色の点となり、点描画となっている。この作品のみ無料で観覧できる場所にあったが、1番の見応えがあったのは、これだったかも。


岸田劉生「麗子弾絃図」
(京都国立近代美術館、2019年のコレクション展で撮影)

syasinnbi210209-17.jpg

岸田劉生が描いた美術ファンのスーパーアイドル、麗子ちゃんの中で、撮影可能の機会に出会ったのは、この作品のみ。楽器演奏中の図ということで、珍しい感じ。


カミーユ・ピサロ「エラニーの積み藁と農婦」
(福田美術館、2019年の開館記念展で撮影)

syasinnbi210209-18.jpg

福田美術館は国内作品のイメージが強いかもしれませんが、洋画も所有しています。特にピサロの作品は、印象派が好きな方のど真ん中にハマる作品です。


長沢芦雪「独楽回し図」
(嵯峨嵐山文華館、2020年の美術展「円山応挙と長沢芦雪」で撮影)

syasinnbi210209-19.jpg

コマを回している人の姿が可愛くて、観ていて楽しい気分になる傑作。


伊藤若冲「梅花孤鶴図」
(福田美術館、2020年の美術展「若冲誕生」で撮影)

syasinnbi210209-20.jpg

若冲といえば精密描写と美しい色彩が特に評価されていますが、モノクロ作品においてのグラフィック的な表現やデザイン的な凄さも高い実力を持っていて、この作品を観るとよく分かります。


今回は以上です。
また、この企画を載せる予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

武田秀雄「ジュルジュ・スーラに捧ぐ」
これをアートと言ってええのか分かりませんが、凄い事は間違いない。
実物は圧巻でしょうね~~~

「麗子弾絃図」
音楽ファンとしては興味深々、
麗子さまの三味線、
聴いてみたいっす♪

そして嵐山2TOP!
流石です、
若冲も芦雪もエエですなぁ~~
特に「梅花孤鶴図」、
>グラフィック的な表現やデザイン的な凄さ
まさに!
どこか哲学的でさえあります。

次回も楽しみにしております。

酔人婆爺さん
コメントありがとうございます。

この若冲と芦雪は
人によっては地味と感じるだけかもしれませんが、
味があって私も良いと思います。

たまに上げるだけになりますが、今後もこの企画を載せたいと思います。
プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR