fc2ブログ

KYOTOGRAPHIE 2024 (その4)

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2024
の会場を巡る4回目。

昨日(5/3)は、当ブログに京都国立近代美術館へ行ったことを書きましたが、その後でKYOTOGRAPHIEの会場を回りました。

まずは
京都市京セラ美術館へ。

kgkkss240504-00.jpg

京都市京セラ美術館の館内では、2つの写真展が開催中です。

kgkkss240504-01.jpg

まずは
「川田喜久治 見えない地図」へ。

1965年から活動している川田喜久治さんの代表作から最新作までを展示する写真展。その作品の多くは硬質な印象で刺激的です。下の写真は展示作品の1つを撮ったもの。

kgkkss240504-02.jpg

3つのスクリーンに写真をとても短い時間で次々と切り替えて表示するコーナーもあった。
(下の写真)

kgkkss240504-03.jpg

1枚1枚をじっくり観たいけれど、こういう短時間で何枚も観るような鑑賞方法もアリかも?と思ったりした。
(もちろん他のコーナーは、写真をパネルで展示のため、1枚1枚をじっくり鑑賞できます。)

同館で開催されている、もう1つの写真展が
「FROM OUR WINDOWS」。
こちらは、2人の女性写真家による家族を撮影したシリーズが展示されます。

その2人の写真家のうち、展示順路の最初になるのが潮田登久子さんの写真展示。自身や知人らの冷蔵庫を定点観測した写真を展示。ずらっと、冷蔵庫の写真が並びます。
(下の写真)

kgkkss240504-04.jpg

そして
もう1人の写真家となる川内倫子さんの写真展示。長年にわたり撮影した家族の写真がズラッと並びます。身近な人の死や誕生、子育ての中で出会った子どもの姿など。
(下の写真)

kgkkss240504-05.jpg

この2人の写真家のシリーズは、身近なものが変化していくことを意識できる写真展。

上記した写真展を見終わったあと、京都市京セラ美術館の館内で私は下の写真を撮ったりして遊ぶ。

kgkkss240504-06.jpg


さて、次に
出町桝形商店街へ。
こちらは「KIF KIF KYOTO」
を開催中。

商店街に作品を展示しているので無料の写真展となります。4月27日の当ブログにブレイクダンサー、ヨリヤス(ヤシン・アラウイ・イスマイリ)の写真展を紹介しましたが、そのブレイクダンサーのもう1つの写真展が、これ。
(下の写真)

kgkkss240504-07.jpg

商店街のアーケードに作品をたらすように写真を展示。京都とモロッコで撮影した、それぞれの写真を並べて展示しています。

展示作品も気になるが、商店街の古本屋も気になったり。結局、古本は買わなかったけれど。

下の写真に写る店は、この商店街にあるお店、DELTA。

kgkkss240504-08.jpg

DELTAは、KYOTOGRAPHIEの常設スペース。飲食店でもありますが、写真展示もあります。現在は「KIF KIF KYOTO」の写真を展示。ここでコーヒーを飲みながら少し休憩しました。

これで今年度のKYOTOGRAPHIEの全ての会場を訪れたことになります。どの会場も見ごたえあって刺激的で、考えさせられる内容もありで、訪れておく価値が高いイベントだと思えました。しかも作品の展示方法やレイアウトもインパクトある写真展が多かった。来年も期待できます。

今年度は、まだ期間が1週間ほどあるので、時間が取れそうな方は、ぜひ。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2024
は、5月12日までです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR