FC2ブログ

BOWIE × KYOTO × SUKITA

美術館えきKYOTOで開催中の
「時間〜TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」
に行ってきました。

デヴィッド・ボウイと親交のあった写真家、鋤田正義さんの写真展。京都に滞在中のデヴィッド・ボウイの写真と現在の京都の写真で構成されたイベントです。

bks210403-0000.jpg

上の写真は会場に向かう前。京都駅の地下街で液晶モニターの看板に、このような表示が。「宣伝に力を入れてるなら、混むかも?」と心配したり。

コロナ拡散防止のため、混んだ場合は入場制限があるそうです。私が着いたのは会場時刻の数分後くらいだろうか。その時点では、すぐに入館できました。会場内は、まあまあ人がいるけれど、余裕ある感じで鑑賞できる程度の人。来場者は、いろいろな世代の人がいる感じ。私が会場を出た後も入館制限で待たされている人は居ないように思えた。(記載した状況は、あくまでも私が訪れたときの様子です。)

bks210403-0001.jpg

京都に滞在中のボウイの写真を見るだけでも興味深いけれど、今の京都の写真も見れるので、感慨深い。

京都の写真だけではなく、鋤田さんが撮った最後のボウイの写真、ジギースターダストのアルバムジャケットの場所の今の写真、などなど他の興味深い写真も次々と出てきます。

bks210403-0002.jpg

ボウイが衣装を着てスタジオで撮った写真と竹林の写真を並べて展示してある部屋は、空間そのものがアートに思えたり。

いろいろ書きましたが、全てのコーナーが注目箇所という感じ。

ところで、ポスターやチラシに現在の京都の写真として駅のホームを上から撮った写真が載っていますよね。その写真と同じような写真を撮れる場所が、近くにあるので、帰る前に寄ってきました。

bks210403-0003.jpg

美術館えきKYOTOが入っている京都伊勢丹の2階の出入口の向かいに、ホテル・グランヴィア京都の出入口があります。(上の写真) その出入口を入って、少し進むと右手に京都駅のホームを見下ろす通路があります。そこから撮影しました。

bks210403-0004.jpg

上の写真は、写真展のチラシの一部分。
下の写真は、上記した場所で私が撮った写真。見下ろした場所が同じかどうか分かりませんが、ほぼ似たような感じで撮れました。ちょうど、人がいなかったけれど。

bks210403-0005.jpg

さて、
今回の写真展と同タイトルで同コンセプトの写真集が発売されるはずですが、美術館の物販のコーナーには、宣伝のような表示があるだけ。職員に質問してみると「書店に並ぶのは5月頃。写真展の会場内で先行発売する予定ですが、入荷が遅れています。入荷できたら美術館のウエブサイトなどで報告する予定。」とのこと。現時点では予約受付も無し。

図録は無いので、その写真集が欲しいですが、先行発売で欲しいなら、もう一度会場に入場するしかない、と思われます。書店に並ぶのを待っても良いですが、できたら会場で観た日の帰宅後に写真集も鑑賞したいと思う人も多いのでは? その影響で開催期間の後半が混む、ということもありそうだけれど?

どうする? オレ!

bks210403-0006.jpg

写真集が手に入らなかったのは残念ですが、写真展は素晴らしい内容です。ボウイが滞在したときの京都と現在の京都を心の中で行ったり来たりでます。

美術館えきKYOTO
「時間〜TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」
は、5月5日までです。

コメントの投稿

非公開コメント

思っていた以上に面白そうな内容っすね、
う~~~ん、
なんとか参加したいっすわ。

>ほぼ似たような感じで撮れました。
これは凄いぃぃぃぃ♪
さすがです。
私もどこかで見たようなアングルだと思っていたのですが・・・
時間があれば私もチャレンジしてみたいです(笑)

鋤田さん最高!!!

酔人婆爺さん
コメントありがとうございます。

ぜひ酔人婆爺さんにも参加していただきたいですが、
となりの大阪ではコロナが多くなっているので、遠出をおすすめできる感じではないかも?

写真展は素晴らしい内容なので、参加できるようでしたら、お気をつけてお越しください。
プロフィール

イケポん

Author:イケポん
絵と音楽が好きなイケポんのブログです。
イケポんのイラストを
下記リンクの
「イケポンのお絵描き広場」
で公開しています。ぜひどうぞ。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR